節約術

光熱費の節約

光熱費は、心がけ次第で苦労することなく節約可能なのです。
普段から、どうしても必要なものの他は使用を控えるということです。
特に電気は無意識のうちに使ってしまうものなので、ちょっとしたことで節約につながります。
まず初めに、使う必要がないのにコンセントが入った状態になっているものを確かめましょう。
例えば、動かしていないエアコンのコンセントは差しっぱなしではないですか。
エアコンはコンセントをさしっぱなしにしがちですが、それ以外では洗濯機や電子レンジや炊飯器なども気を付けましょう。
こういったものに関しては、使う場合にコンセントに差し込むだけなので、待機状態にすることは求められません。
子機の充電器も夜になったら抜いてしまっていいでしょう。
電話機の方に充電は十分されているので、いつまでも充電する意味はなく、きちんと使用できます。
朝になったらコンセントを差し込めば、支障なく使用することができます。
寒くない時期は温水洗浄便座も24時間稼働しなくても良くなるので、コンセントは使用する場合のみ入れるようにしましょう。
それから、電気湯沸しポットであったり炊飯器の保温機能は使用を控えるというのも電気の節約に繋がります。
お湯を沸かし終えたり、ご飯を炊き終わったら早くコンセントを抜くのがポイントです。
お湯は魔法瓶によって無駄なく保温することができるとともに、ご飯は電子レンジを使用して温めれば保温を長時間に渡ってする必要性がなくなります。
一つ一つは小さなことですが毎日続けることでかなりの節約になっていきます。
ノンストップで電気を消費する冷蔵庫は、節約するにはピッタリの電化製品と考えることができます。

ドアの開け閉めを意識したり、ビニールのカーテンを導入するなど冷蔵庫内の温度が高まらないように気を遣いましょう。